研究業績


A.原著論文

A-1 英文

A. Maruyama, K. Tani, S. Tanahashi, A. Iijima, and Y. Maeda:

Three gait oscillations switchable by a single parameter on hard-wired central pattern generator hardware network,

IEICE Trans., Fundamentals, vol.E99-A, no.8, pp.1600-1608 (2016.8)


A. Maruyama, T. Ichimura and Y. Maeda:

Hard-wired central pattern generator hardware network for quadrupedal locomotion based on neuron and synapse models,

Adv. Biomed. Eng., vol.4, pp.48-54 (2015.2)


Y. Maeda, K. Tani, N. Ito and M. Miyakawa:

Quantitative analysis on usability of button-input interfaces,

IEICE Trans., Fundamentals, vol.E94-A, no.2, pp.789-794 (2011.2)


Y. Maeda:

A hardware neuronal network model of a two-level central pattern generator,

Trans. Jpn Soc. Med. Biol. Eng., vol.46, no.5, pp.496-504 (2008.10)


Y. Maeda, E. Yagi and H. Makino:

Synchronization with low power consumption of hardware models of cardiac cells,

BioSystems, Elsevier Science, vol.79, pp.125-131(2005.1)


Y. Maeda, S. Sakaguchi, H. Makino and S. Doi:

Low-powered and accelerative synchronization in the coupled system of nonlinear hardware oscillators,

Electronics and Communications in Japan, Part 3: Fundamental Electronic Science, Wiley, Vol.87, No.12, pp.1-9(2004.7)


Y. Maeda and H. Makino:

A pulse-type hardware neuron model with beating, bursting excitation and plateau potential,

BioSystems, Elsevier Science, Vol.58, pp.93-100(2000.12)


Y. Maeda, K. Pakdaman, T. Nomura, S. Doi and S. Sato:

Reduction of a model for an Onchidium pacemaker neuron,

Biological Cybernetics, Springer-Verlag, Vol.78, No.4, pp.265-276(1998.4)

A-2 和文

前原謙一,前田義信,山﨑達也:

動画を用いた対人コミュニケーションにおける評価者の性別と被評価者の印象向上努力との関係

日本顔学会誌,vol.16,no.2,pp.69-76(2016.11)


谷賢太朗,伊藤尚,前田義信:

避難時における譲り合い行動の影響に関するシミュレーションと理論的考察

電子情報通信学会論文誌,vol.J98-A,no.3,pp.274-283(2015.3)


前田義信,龍田篤弥,谷賢太朗,伊藤尚,加藤浩介:

プレイヤの行動記録を用いた人工学級ゲームエージェントの行動設計

電子情報通信学会論文誌,vol.J97-A,no.8,pp.565-573(2014.8)


久保田真仁,前田義信,塚田章:

求心性刺激を含む二段型中枢パターン発生器の電子回路モデル設計

生体医工学,vol.50,no.6,pp.620-628(2012.12)


伊藤尚,堀口航平,谷賢太朗,前田義信:

新たな通貨制度の創発に関するマルチエージェントシミュレーション

電子情報通信学会論文誌,vol.J95-A, no.9, pp.707-715(2012.9)


伊藤尚,前田義信,谷賢太朗,林豊彦,宮川道夫:

標本合計が負の場合へ拡張されたジニ係数の評価
数理社会学会誌「理論と方法」,vol.51,no.1,pp.117-130(2012.3)


前田義信,前川拓也,河面勇太郎,伊藤尚,渡辺哲也,林豊彦:

移動行動プラン支援システムの提案とそのユーザビリティ評価.

電子情報通信学会論文誌,vol.J94-D,no.1,pp.233-241(2011.1)


惣塚拓也,金子怜史,前田義信,林豊彦:

歩行パターンの生成に関する相互抑制型電子回路ニューラルネットワークの設計.

日本生体医工学会誌「生体医工学」,vol.47,no.5,pp.436-443(2009.10)


宮川道夫,小山望,前田義信:

インタフェース・コンソールの使い易さとボタン数の関係について.

電気学会論文誌,vol.129-C,no.10,pp.1853-1858(2009.10)


小西孝史,前田義信,田野英一,牧野秀夫:

適応ファジィ推論ニューラルネットワークを用いた視覚障害者用学習型位置情報提供システム.

日本生体医工学会誌「生体医工学」,vol.46,no.1,pp.93-102(2008.2)


前田義信,宮川道夫,宮澤洋一,堀潤一,岡本明,安藤伸朗:

注視点制御型拡大読書器の試み
電子情報通信学会論文誌,vol.J90-D,no.3,pp.715-723(2007.3)


宮地孝明,前田義信:

視覚障害者の移動行動プラン形成に関する意思決定支援システムの開発.

日本生体医工学会誌「生体医工学」,vol.44,no.4,pp.635-642(2006.12)


石川雅浩,内田日高,前田義信,山本正信,五十嵐正人,須田剛士,野本実,青柳豊:

CTAP画像中の門脈構造解析に基づいた肝繊維化推定法.

医用画像情報学会雑誌,vol.23,no.5,pp.130-135(2006.12)


小西孝史,前田義信,田野英一,牧野秀夫:

歩行者用移動支援システムにおける案内情報提供方式.

日本生活支援工学会誌,vol.5, no.2, pp.34-42(2006.3)


前田義信,今井博英:

群集化交友集団のいじめに関するエージェントベースモデル

電子情報通信学会論文誌,vol.J88-A,no.6,pp.722-729(2005.6)


前田義信,小西孝史,松橋貴之,田野英一,牧野秀夫:

意思決定モデルに基づく視覚障害者用移動経路選択ソフトウェアの開発

日本生活支援工学会誌,vol.4,no.1,pp.29-37(2004.10)


前田義信,五十嵐晃,田野英一,牧野秀夫:

歩行移動者の捜索に影響を与える因子の実験的調査.

地理情報システム学会誌「GIS-理論と応用」,vol.12,no.1,pp.57-66(2004.7)


前田義信,坂口信也,牧野秀夫,土居伸二:

低消費加速同期振動を示す非線形回路振動子の拡散結合系

電子情報通信学会論文誌,vol.J86-A,no.12,pp.1478-1486(2003.12)


田野英一,前田義信,牧野秀夫,小西孝史,石井郁夫:

視覚障害者用GPS位置案内システムにおける情報多層化の評価.

地理情報システム学会誌「GIS-理論と応用」,vol.9,no.2,pp.41-51(2001.9)


田野英一,牧野秀夫,前田義信,石井郁夫:

視覚障害者用GPS位置案内装置の測位方式-SA解除後のDGPSの有効性評価-.

日本航海学会論文集,第105号,pp.149-156(2001.9)


前田義信,佐藤俊輔,牧野秀夫:

神経興奮の電子回路モデルが示す分岐構造.

電気学会論文誌,vol.121-C,no.7,pp.1153-1159(2001.7)


前田義信,土居伸二,野村泰伸,佐藤俊輔:

イソアワモチペースメーカ細胞モデルの簡約化について.

日本神経回路学会誌,vol.1,no.1,pp.12-19(1994.4)

※ 本論文の成果の一部は,林初男著『脳とカオス』裳華房(2001.11)のpp.131-135に引用転載.

B.レター,研究速報

K. Tani,M. Sato, T. Murakami, R. Kawachi, T. Niikawa, and Y. Maeda:

Construction of web-based speech game system "Kikimimi"

J. Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, vol.21, no.2, pp.359-362 (2017.3)


佐藤優彦,浅井愛,前田義信:

視覚障害者のための絵本読み聞かせ音声支援システムの開発

生体医工学,vol.53,no.1,pp.40-43(2015.2)


H. Kojima,Y. Maeda,and T. Nomura:

Reproduction of four-leg animal gaits using a coupled system of simple hardware CPG models

IEICE Trans., Fundamentals, vol.E98-A, no.2, pp.508-509 (2015.2)


土門立志,前田義信,塚田章,伊藤尚,谷賢太朗,林豊彦:

シュブルール錯視を再現する側抑制アナログ電子回路神経ネットワーク

電子情報通信学会論文誌,vol.J95-A,no.4,pp.383-386(2012.4)

C.国際学会抄録

S. Kidani, N. Ito, R. Matoba, and Y. Maeda:

Proposal for DTN routing using helping behavior

IEEE International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IEEE IWCIA 2017), pp.49-54, Hiroshima, Japan (2017.11.11-12)


A. Hashimoto, N. Ito, R. Matoba, and Y. Maeda:

Improvement and evaluation of an evacuation behavior simulation model

IEEE International Workshop on Computational Intelligence and Applications (IEEE IWCIA 2017), pp.45-48, Hiroshima, Japan (2017.11.11-12)


R. Kodera and Y. Maeda:

Implicit hidden small-world network that controls the movement of the eye in a visual search

IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics (IEEE SMC 2017), pp.1846-1849, Banff, Canada (2017.10.5-8)


Y. Nishida and Y. Maeda:

An effect of frequency-dependent behavior on bullying in school using multi-agent simulation model

31st Int. Technical Conf. Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2016), pp.945-946, Okinawa, Japan (2016.7.10-13)


S. Onodera, N. Ito, and Y. Maeda:

An effect of production lifespan on markets using multi-agent similation

31st Int. Technical Conf. Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2016), pp.943-944, Okinawa, Japan (2016.7.10-13)


R. Kawachi, T. Niikawa, and Y. Maeda:

Development of Game Controller for Voice Output Game System

37th Annual International Conference (IEEE EMBC 2015), Milan, Italy (2015.8.25-29)


K. Yamamoto and Y. Maeda:

Study on designing agent's behaviors using artificial school class game

3rd Global Conference on Consumer Electronics (IEEE GCCE 2014), pp.202-203,Makuhari Messe, Tokyo,Japan (2014.10.7-10)


K. Tani, Y. Maeda, and N. Ito:

A study of the evacuation behavior simulation to investigate the effect of concessions and obstacles

Intl. Workshop on Computational Intelligence & Applications (IEEE SMC IWCIA2013), pp.63-67,Hiroshima,Japan (2013.7.13)


Y. Maeda, K. Tani, N. Ito, and K. Kato:

Bullying Phenomena Reproduced by an Artificial School Class Model.

World Congress on Social Simulation (WCSS 2012),Session A1(10 pages in memory stick), Taipei, Taiwan(2012.9.4-7)


K. Tani, Y. Maeda, N. Ito:

Consideration of a social dilemma solution by multi-agent simulation using reinforcement learning.

ITC-CSCC 2012,E-M1-05,Sapporo,Japan(2012.7.16)


1994-2011

D. 著書

編集幹事(井上剛伸,奥英久,新川拓也,林豊彦,前田義信)

生活支援工学概論

日本生活支援工学会,日本リハビリテーション工学協会編

コロナ社,ISBN978-4-339-07235-8(2013.10)


前田義信,新川拓也:

音声出力インタフェースを用いた娯楽ゲーム開発の研究.

次世代ヒューマンインタフェース開発最前線,株式会社エヌ・ティー・エス,ISBN978-4-86469-063-8

第3章第1節,pp.195-202(2013.6)


Y. Maeda and T. Konishi:

Assist systems for traveling and planning for the visually impaired.

(eds.) H. Ohnabe, M. Kubo, D. M. Collins and R. A. Cooper, Assistive Technology Research Series, vol.28,

IOS Press, ISBN978-1-60750-757-4, pp.132-138 (2011.5)


前田義信,宮川道夫:

弱視者の読みにおけるメンタルワークロードの測定.

情報福祉の基礎知識-障害者・高齢者が使いやすいインタフェース-,

情報福祉の基礎研究会(編),ジアース教育新社,ISBN978-4-921124-90-8,

5.2.2,pp.124-129(2008.4)

E. その他の投稿論文・国際学会抄録

1997-2015

F. 特別講演,招待講演,出張講義,出前授業,司会など

前田義信:

ボランティア活動は経済を活性化させるか?~コンピュータシミュレーションで人工社会の不思議に迫る~

第4回新潟県高等学校ボランティア大会(第31回新潟県高等学校総合文化祭ボランティア部門),新潟市総合福祉会館(2017.11.7)


前田義信:

工学において「モデル」とは何か?~モデルを通して世界を観る生き方~.

大阪電気通信大学大学院医療福祉工学研究科医療福祉工学専攻特別講演会(2015.11.16)


前田義信:

生徒/学生の生活環境改善に向けた地域連携の為の人工学級教育ゲームシステム.

地域・産学連携のためのライフイノベーション拠点形成第1回公開シンポジウム(近畿大学),ホテルグランヴィア和歌山(2015.8.7)


2004-2014